マガジンのカバー画像

いわて留学

84
岩手県教育委員会では、岩手県立高等学校の入学者選抜において、県外からの志願者を受け入れています。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

岩手県立高等学校への県外からの志願について(いわて留学)

【いわて留学】岩手県教育委員会では、岩手県立高等学校の入学者選抜において、県外からの志願者を募集しています。令和5年度入学者選抜では、15都道府県から25名の志願者がありました。 今回は、令和5年度入学者選抜において県外から志願者の募集を実施した14校(伊保内、一戸、沼宮内、宮古水産、平舘、遠野、遠野緑峰、住田、大槌、水沢農業、種市、葛巻、大迫、西和賀)を紹介します。なお、令和6年度の募集については、令和6年度岩手県立高等学校入学者選抜実施要項でご確認ください。(実施要項に

はま留学生の日常vol.17~新入生に聞いてみた!

こんにちは!🌞 県外から岩手県・大槌高校に入学した 「はま留学生」の日常をお届けするnote。 今回はこの4月に入学をした 「はま留学4期生」の5名に インタビューをしてみました! 長くなりますが、お付き合いください🙇‍♂️ ーーインタビューよろしくお願いします!まずは自己紹介から! ーー好きな季節は春2票・夏3票ですね!大槌で冬を越して、冬も好きになってくれたら嬉しいな~。では、はじめに「はま留学をしようと思った決め手」を教えてください! ーーそれぞれの興味関心

地域みらい留学 説明会開催!

5月28日(火)に引き続き、6月1日(土)に地域みらい留学のオンライン説明会に参加しました。朝早くから花巻市大迫総合支所に集まり、1年生(留学生)を中心に発表頑張りました。 先日5月28日の様子はこちら

地域みらい留学 合同説明会がスタート!

5月28日(火)に地域みらい留学の説明会が行われ、他県の留学制度を取り入れている高校も参加しました。大迫高校からは、今年入学した1年生の留学生がメインとなり、説明会を行いました。 2年生の先輩留学生はサポートにまわりましたが、1年生の皆それぞれ助け合いながら、とにかく明るく元気に高校の説明をしてくれました! 【お知らせ】 ・6月1日(土) 地域みらい留学オンライン説明会開催。 ・7月7日(日) 地域みらい留学オンライン説明会開催。 ・8月3日(土) 地域みらい留学オンラ

【お知らせ】はま留学を検討している中学生・保護者のみなさまへ!

こんにちは! いつも大槌高校のnoteをご覧くださり、ありがとうございます😌 大槌高校では、「はま留学」と称して県外からも入学者を募集しており、現在は日本全国から集まった1~3年生9名が大槌高校で活躍中です。 今年度も「はま留学」5期生を募集します。この夏にはオープンスクールを2回開催予定ですので、ぜひご参加ください! 今年度も夏休みのオープンスクールの開催が決定しました! 学校説明会とあわせて、参加をお待ちしてます🙌 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ★★1泊2日!はま留学オープ

おおはさま留学生による農魂顕彰像の清掃活動の様子が新聞に掲載されました

 岩手日日新聞に、おおはさま留学生の「農魂顕彰像」の清掃活動の様子が記事として掲載されました。  現在の大迫の特産物であるブドウは、岩手県知事であった國分謙吉氏が奨励したことが始まりです。  その功績をたたえる「農魂顕彰像」が、大迫高校のすぐそばにある葡萄が丘農業研究所に建立されています。  地域理解の促進およびボランティア活動として、おおはさま留学生が清掃活動を行いました。  下記pdfファイルに新聞記事を掲載しましたので、是非、ご覧ください。(岩手日々新聞社様より掲載許可

元県知事 國分謙吉翁 銅像の大掃除

5月23日(木)午後、おおはさま留学生6名で、元県知事・國分謙吉翁銅像の清掃活動のため、葡萄が丘農業研究所へ行ってきました。 お掃除の前に・・・ 國分謙吉さんとは一体何者なのか?と疑問を持つ高校生たちに 花巻市葡萄が丘農業研修所の所長・工藤様より、歴史のミニ授業をしていただきました。 大迫と言えば「ぶどう」と、今ではぶどう栽培の印象が根強い地域となっていますが、「大迫の環境は、ぶどうを育てるのに適している」という國分さんの言葉から、ぶどうの産地化が始まりました。 大迫の

【住高みらい留学】初めての餅つきに挑戦の巻

5月15日(水)本校みらい留学生の2日は、放課後、コーディネータ-さんと一緒に住田町世田米の小股地区にある農家民宿「一期舎」にお邪魔しました。「一期舎」さんでは、現在気仙地区では仙台市太白区にある富沢中学校の野外活動に参加する2年生の生徒を民宿や民泊で受け入れており、留学生は、その受け入れ先の一つである紺野さん宅を訪ね、中学生との交流を楽しみました。人生初の杵つきに留学生は「こんなに重いと思わなかった!」と驚きの声。中学生とも楽しく会話して、住田の夕方を満喫していました。

はま留学生の日常vol.16~地域歓迎会が行われました~

こんにちは!🌞 県外から岩手県・大槌高校に入学した 「はま留学生」の日常をお届けするnote。 GWが終わり、日常が戻ってきました。 大槌は過ごしやすい日が続いていて はま留学生たちも元気に活動しています💪 さて、GW明け最初の週末5/11㈯には 「はま留学4期生 地域歓迎会」が開催されました! 吉里吉里地区での地域歓迎会は今回で3回目。 今年度も地域の方々が約20名参加し あたたかく歓迎をしてくださりました😌♨ 今年度はこれまでとは違い、 企画・司会進行を3年生が

はま留学生の日常vol.15~怒涛の4月終了!~

こんにちは!🌞 県外から岩手県・大槌高校に入学した 「はま留学生」の日常をお届けするnote。 GWが明け、5月が始まりましたが 4期生を迎えたはま留学生の1か月の活動をここで振り返っちゃいましょう~! ▶4月6日(土)🌟入学式&歓迎式🌟 今年度は5名のはま留学生が入学!入学式の後は、大槌町役場ではま留学生歓迎式が執り行われました!詳細はVol.14をご覧ください!(はま留学生の日常vol.14~休日の過ごし方~) ▶4月14日(日)🌸お花見イベントのお手伝い🌸 昨年

【住高みらい留学】岩手の春を全身で満喫しています

住田高校みらい留学生のゴールデンウィーク留学生2名にとって初めての岩手でのゴールデンウィーク。教育コーディネーターさんや気仙地域で暮らす海外出身の方々と岩手の春を楽しんでいます。今日4月29日は、地域創造学のアクション「住田への恩返しプロジェクト」見学と住田探訪。住田町は本日25℃をこえる暑い一日でした。 春の夜空をを彩る!三陸花火大会20244月28日(日)住田高校みらい留学生二人は、学校の友達と一緒に陸前高田市で行われた花火大会を見に行ってきたそうです。晴れ渡った夜空に

令和6年度 岩手県立高等学校への県外からの志願について(いわて留学)

【いわて留学】 岩手県教育委員会では、岩手県立高等学校の入学者選抜において、県外からの志願者を募集しています。令和6年度入学者選抜では、13都府県から32名の志願者がありました。  今回は、令和6年度入学者選抜において県外から志願者の募集を実施した13校(沼宮内、平舘、遠野、遠野緑峰、住田、大槌、宮古水産、伊保内、葛巻、大迫、西和賀、水沢農業、種市)を紹介します。なお、令和7年度の募集については、令和7年度岩手県立高等学校入学者選抜実施要項でご確認ください。(実施要項につい

【住高みらい留学】ようこそ気仙へ 住田町教育長さん自らガイド

https://www.facebook.com/sumikohouse 住田高校の中にある生徒のサードプレイス(第3の居場所)住高ハウス○○主催のレクデーが4月14日に開催されました。 今回の企画は、住田高校に入学した地域みら留学生2名(神奈川県・千葉県出身)に春の気仙地区を満喫してもらおうと企画されました。 なんと!!今回のガイドは本校の同窓生でもある松高住田町教育長さん!! 町全体で生徒を迎え入れてくれている雰囲気が素晴らしいのです。この環境は親元を離れて暮らす生徒

【住高みらい留学】いわて留学県外募集について

岩手県立住田高等学校(普通科)「いわて留学」実施校(県外募集) 目 的  地域の自然・文化・人に愛着を持ち、地域の発展に貢献しようとする若者を広く受け入れることで、 学校及び地域の活性化を図る。 入学者の受入れに関する方針住田高校では、時代を先取りし新しいことに挑戦する意欲を持ち、地域社会の活性化に貢献したいと 考えている人材を募集しています。 期待する生徒像・過去の経験や常識にとらわれず、「新しい発想」で物事に取り組みたい。 ・過去の自分の失敗にとらわれず、「新しい自